美味しく日本酒を飲もう!日本酒を美味しく味わうためのコツや基本に関して詳しく解説します

当サイトは美味しく飲みたい人にお勧めの、日本酒を味わうためのコツや基本に関して詳しく解説しています。
より知識を増やしてお酒を楽しみたいという人におすすめです。
味を表すときの表現を知っておくと、さらに美味しく感じる可能性があるのでおすすめです。
また上質なものは常に低温保存されていることも知っておきたいところです。
さまざまな種類があり選ぶ楽しみもある日本ならではの製法で造られたお酒を、より楽しみたいという人必見の情報となっています。

美味しく日本酒を飲もう!日本酒を美味しく味わうためのコツや基本に関して詳しく解説します

美味しい肴や料理を食べながら、適量を嗜むお酒をよりおいしく味わいたいという人は多いのではないでしょうか。
日本酒の初心者の方が飲みやすいものを選びたい時には、香りが良い甘味のあるタイプにすると失敗が少ないです。
常温や温めたりするのも良いですが、特に冷やして飲むと飲みやすくなります。
爽やかな飲み口が好みであるのなら、冷やして飲むのが良いです。
また氷を入れたロックでのむのも美味しい飲み方です。
様々な種類がある日本酒は飲み比べをするのも楽しいでしょう。

日本酒は味わいで種類が分けられる

特定名称酒と呼ばれる日本酒があります。
特定名称酒とは、国税庁が定めた「清酒の製法品質表示基準」に基づいて、純米酒・吟醸酒・本醸造酒の3つの種類に分かれています。
純米酒は穏やかな香りとお米の旨味、吟醸酒はフルーティな香り味わい、本醸造酒は豊かな香りとスッキリとした味わいという特徴があります。
さらに原料や製法、精米歩合によって、純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒・特別純米酒・本醸造酒・吟醸酒・大吟醸酒・特別本醸造の8つの種類に細かく分類されています。
純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒・特別純米酒の違いは、醸造アルコールが添加されていないことかつ精米歩合によります。
精米歩合とは、精米する過程で玄米を削り残った割合を%で示したものです。
純米吟醸酒は60%以下、純米大吟醸酒は50%以下、特別純米酒は60%以下または特別な製造方法、という要件が課せられています。
特別純米酒・本醸造酒・吟醸酒・大吟醸酒・特別本醸造の違いは、醸造アルコールが添加されていることとかつ、精米歩合によるものです。
本醸造酒は70%以下、吟醸酒は60%以下、大吟醸酒は50%以下、特別本醸造酒は60%以下または特別な製造方法、という要件です。
特定名称酒の要件を満たしていない日本酒は「普通酒」に分類されます。
しかし、最近ではさまざまな研究によって吟醸酒なみの高品質な「普通酒」も販売されています。

日本酒選びで困った場合にはオンラインショップを利用する

日本酒を選びたい、でも身近に相談できる相手がおらずお店でも質問できない、そういう困った場合はオンラインショップが頼れる味方になるのではないでしょうか。
オンラインショップはとにかく品数豊富なのが特徴で、全国どこからでも利用できたり、24時間営業で夜間や早朝でも日本酒選びや購入が可能となっています。
日本酒は種類が多いので、よほど詳しい人でもない限り悩んでしまいますが、品数豊富な商品を取り揃えている分、選び方の配慮が行われているので安心です。
種類が分類されていたり、種類ごとに説明がありますから、自分の好みさえ分かっていれば悩んだり迷わずに選べます。
また気になるお酒をまとめ買いできますし、何種類か選んで日本酒の飲み比べをすることも可能です。
悩みに応えてくれるだけでなく、オンラインは選び方の幅や楽しみまで提供してくれるショップですから、前向きに利用を検討したり実際に試してみるのが良いのではないでしょうか。

日本酒の中には気軽に楽しめるスパークリングがある

年末年始を始めとしたお酒を飲む機会が増えるシーズンには、皆で美味しく頂けるお酒を用意したいものですが、日本酒の場合にはアルコール分が高めであるため飲める人が限られてしまうということもあるのではないでしょうか。
しかしそのようなときにも、皆で気軽に楽しむことができるのがスパークリングタイプの日本酒です。
普段あまり飲まない初心者の方や女性にも飲みやすいので、幅広い人にお勧めすることができます。
中には低いアルコール分となっているタイプのものもあるので、あまりお酒が強くないという場合でも低アルコールタイプのスパークリング日本酒を選べば美味しくいただくことができるかもしれません。
発泡するタイプのものは爽やかなのど越しが特徴で、食前酒としてもぴったりです。
料理に合わせて楽しむこともできるはずです。
乾杯のための1杯としても適している、華やかな見た目でお洒落な雰囲気を演出することもできます。
気軽に楽しめる日本酒の1つです。

日本酒を美味しく飲むためにどんな種類があるのかを知っておく

日本酒にはいろいろな種類があってわかりにくいという方が多いようです。
違いがわからなくても解く問題はありませんが、知っておくことで選びやすくなることは事実です。
また詳しくなるとそれだけ愛着が湧いて、好きな品種ができることがあります。
一度覚えて仕舞えばそれほど難しいものではないので、身構える必要はないでしょう。
日本酒の基本的な種類には、純米酒と吟醸酒、本醸造酒の3つがあります。
純米酒は純粋にお米だけを使って作られたものを指します。
それ以外は醸造アルコールが添加されていて、精米歩合によって区別されています。
精米歩合とは、精米歩合はどれだけお米を削るか示すものです。
吟醸酒は60%以下で大吟醸酒は50%以下です。
本醸造酒は70%以下で、特定になると60%以下と決められています。
同じ銘柄でもこの違いによって味は大きく変わります。
精米歩合が高くなればフルーティーな味わいが際立ちます。
低い場合は、お米の旨味を強く感じるでしょう。

著者:長井武司

筆者プロフィール

福岡市博多区生まれ。
親から継いだ酒屋を営んでいます。
日本酒の記事を書いています。
スパークリング日本酒 オンラインショップ